PSO2 チーム「OnTheAir」

ファンタシースターオンライン2   Ship1にて活動中!

【初めての方へ】

当サイトはオンラインゲーム『ファンタシースターオンライン2』(以下『PSO2』)にて
Ship01フェオにて活動中のチーム『OnTheAir』のサイトです。
当サイトにはPSO2の画像を使用しております。

※『PSO2』で使用している著作物(画像、データ、音声、テキスト等)の一切の権利は
 株式会社セガが保有しております。

(C)SEGA
『PHANTASY STAR ONLINE 2』公式サイト
http://pso2.jp/

【重要なお知らせ】

【SNSのご案内(PSO2 SNS)】
・PSO2 SNSへ参加しよう!

【チーム集会(Team meeting)】

【チームイベント(Team event)】
・チームサイトヘッダー画像募集イベント!

【メンバー募集(Recruit new members)】
・新規メンバー募集中!

【その他(Etc.)】
・公式サポーターズリンクに投票お願い!(切実)
・チーム倉庫ガイドラインはこちら

2012年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天を覆いし青き王は意外とドジだった

おはこんにちばんは、リベアです。
雑記書いてみたいなぁとか思っていたらちょうどネタ的なものになりそうなことがあったので書いちゃいます。

錦さんを求めて浮遊マルチがすっかり日課になってしまった日の出来事でした。
いつか必ず姿を現してくれるであろう彼を気長に待ちながら浮遊大陸を駆け巡っていたんです。
しかし相変わらずセトさんが落としてくれるのはメメタや平凡な武器ばかり…彼はどこにいるんだろう、降りしきる雨に打たれながら駆け出しのころから愛用している銃剣の柄を握りしめたときでした。

鋭い音と共に聞こえたヒルダさんの珍しく驚いたような声。聞いてみれば、少し離れた場所にクォーツ・ドラゴンがいきなり出現し、その場にいたアークスが交戦しているそうで。
時間帯が時間帯もあってこのエリアにいるのは確か私を含めて3人くらいのはず。
これは応援に行かなければ…!私は瞬時に伝えられた場所に向かいました。

目標の場所が近づくと、やはりそこには大暴れしている通称・天を覆う青き王の姿。
すでに2名のアークスが対応しており、微力ではあるけれど私も加わって刀を振るいました。その輝く体に何度吹っ飛ばされたかはわかりませんが、精一杯切り刻みました。
しかしさすが天を覆う青き王…彼のHPはいかほどなのでしょうか、中々散ってくれません。
馬鹿な私は見た目通りタフな王に焦って近づきすぎ、そして気づいたときにはもう遅く…青い体が目の前に迫ってきましたのです…。
あかん!!思わず心の中でそう叫びました。

…のですが、一向にあの鋭い攻撃が来ません。どうしたんだろう。そう思いつつチャンスだと思ってPPの限りPAを連発して与えられるだけのダメージを与えました。

…ですが、やはり攻撃が来ません。何かがおかしい…そう思ってとりあえず一歩二歩下がり体制を整え、もう一度青き王を睨み付けた、その時です。その時です…やっと私は気づいたのです…




pso20130106_203930_000.jpg
©SEGA


pso20130106_203934_001.jpg
©SEGA


こいつ…(地面の段差に)はまってやがる…!!!!\デデーン/


(写真じゃちょっとわかりにくいかもしれませんが)住処であるこの清き浮遊大陸の地面と地面の間にちょうど挟まって動けないでいたのです。
そこからはもうやりたい放題殴りたい放題刻みたい放題!他2名のアークスと文字通りフルボッコを楽しんで無事に討伐し終えました☆

pso20130106_204029_002.jpg
©SEGA

討伐後の写真です、こんな何でもないような段差に天を覆う青き王はさまっていたのです。
恐怖はどこへ吹っ飛んだのか、嘲笑交じりの笑い声とともに無事にEトラをクリア(^o^)
このドジな天を覆う青き王のおかげでちょーっとだけ心の靄が晴れたのでした。





はあ…錦さんどこだろう…



by リベア
スポンサーサイト

| 雑記 | 11:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。